close x

ピンキーのおはなし

pi_title

 

“ピンキー”とは小指のこと。
その指に付ける指輪はチャンスを呼び込み、予知能力を高めてくれるとか。

これって恋愛にとって必要不可欠の要素なんじゃないかと、
当時、悲しい経験をしていた友人に何気なく話してみた。

彼女はとても前向きに “じゃあ、リング作ってみる” と言って、
四葉のクローバーをデザインしたピンキーリングを買ってくれた。

彼女の悲しい経験と言うのは離婚だったのだけれど、
それからの彼女は、なぐさめる必要もないほど積極的に、しかもイキイキと行動した。
そしてすぐに彼を見つけ、あっという間に結婚してしまった。

ボー然とする周囲。
彼女は “ピンキーのおかげで頑張る気になったよ!” と、友人知人たちに楽しそうに経過を話して回った。
それを聞いた人たちも、次々とリングをオーダーしてくれた。

あまりの反響に「軽々しく余計なことを言ってしまった…」と、反省する私。
ところが、その人たちにも次々とLuckがおとずれた。

そんな話が巡り巡って、ある雑誌に取り上げられた。
それはそれは想像を絶する数のメールが届いた。

一件一件にお返事し、デザイン画を描き送り、ときには恋愛相談を受け……
本当に大変だったけれど、とっても楽しい時間だった。

その後、マリッジリングやブライダルリングの依頼をいただいたり、
『彼や彼女ができました~』というウレシイ報告も届くようになった。

一体どうなってるんだろう……無責任にもさっぱりワケが分からなかった。

ところが、この私にも同様のことが起こった。
仕事中心でドタバタと、でも、とってもお気楽な独身生活を送っていた私が、その生活にピリオドを打ってしまった。
自分で証明してしまったので、やっぱりこれは何かアル!と思わざる得なかった。

“何かを変えてみよう” と自分自身に宣言して、その誓いの証がすぐ見える位置にある。
ときには後退しているように思えて凹んでも、
ダイジョーブダイジョーブって言ってくれてるような気持ちの余裕をくれる優しい相棒。
ピンキーはそんな存在にも思える。

ジュエリーやパワーストーンっていろいろな解釈や捉え方があって、
否定をする人もいるけれど、結果が証明してくれてるのではないかしら。

その人その人の“変えたい”とか、“変わりたい”という強い意志を形にしていくお手伝い。
未だに不思議でならないけど、これからも続けていけたらウレシイし、素敵だなと思っています。

そんなピンキーに、ちょっと興味があるなぁって思われたら、まずはお気軽にメールをください。
素敵なエピソードをたくさんご用意して、どのようにお手元にお届けするのか、お伝えしたいと思います。

ピンキーに関するご相談は、お気軽にメールをください。 お問い合わせフォームはこちら

 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.