close x

ジュエリー超入門

ba_title

ba_text1

それでは、違いを簡単に紹介します。

■プラチナについて
触媒として知られるこの金属は、体にも優しく制ガン効果があると言われ、ペースメーカーなどにも使用されています。
比重が重く重量感のある金属です。粘り強いその性質と、変色をしない安定性がジュエリーの素材としても重宝されています。
日本では85%以上の純度でなければプラチナとは認められていません。
Pt1000(純プラチナ)、Pt950(純度95%)、Pt900(純度90%)、Pt850(純度85%)などと表示されます。

■ゴールドについて
ゴールドの純度はカラット(K)と呼ばれ、世界共通の単位です。K24は純金 K18は24分の18で純度75%となります。
日本ではK18が多く見られますがアメリカではK14、中国ではK24がよく使われています。
そして、最近よく目にするのはカラーゴールドに見られる、ゴールドたち。K18の色違いです。

◎K18YG(イエローゴールド):→75%純金、25%に銀銅を含むもの
◎K18WG(ホワイトゴールド):→75%純金、25%に銀、パラジウムを含むもの
◎K18PG(ピンクゴールド):→75%純金、25%に銀、銅、ニッケルを含むもの

などなど、それぞれの雰囲気をもっています。

■シルバーについて
ナイフやフォークなどの銀器でおなじみのシルバー。
純銀はかなり軟らかく、そのままでは加工できないため、銅などの金属を混ぜて強度を出します。
銀は酸化 すると黒く変色するため、できる限り空気に触れさせないようにします。
例えば、ビニールに乾燥剤(シリカゲル)を入れて、口をしっかり閉めておくだけでか なり防ぐことができます。
シルバークロスやシルバー専用の液体でクリーニングすると手軽にきれいにすることができます。
純銀1000、950(純銀95%)、以下、925、900、800、750mとあり、純度925以上の銀をスターリングシルバーと呼びます。

ba_text2

ズバリ聞いてしまっても、うれしいかも。

リングをプレゼントに……とお考えであれば、きっとお2人はステディな間柄でしょう。
リングのサイズというのは、輪ゴムや糸で計っても、ピッタリサイズを 差し上げるのは至難の業なので、
できたらズバリお聞きなってはいかがでしょうか?彼女の好みやイメージのヒントを得られるはずです。
サプライズギフトも嬉 しいけれど、欲しかったリングをプレゼントされたらもっともっとうれしいのではないでしょうか。

ba_text3

特別な用途の場合を除いて、それほど気にする必要はありません。

パールであれば、フォーマルなお席での使用に長さは重要になりますが、
ジュエリーやアクセサリーの場合、デザインに合わせてその長さも考慮されているよう です。
最近はフリーチェーン(主にジュエリーのネックレスに使用)という、パーツを引っ張るだけで
お好みの長さに調節できるスグレモノも出ています。

ba_text4

好みで選んでOK。決まりは特にありません。

婚約リングはブライダルリングとも呼ばれ、主にご結納のお席で男性側から、女性へ婚約を交わした証として渡される
お品です。ダイヤモンドが中心ですが、誕生石やルビー、サファイヤ、エメラルド、パールなどを撰ばれる方も増えています。
結婚リングはマリッジリングとも呼ばれ、挙式の際にお二人で交換をし、結婚の誓いを交わした証としてお付けになる
お品です。普段にお使いになるため、シンプルなものが中心ですが、ご自分らしいリングを作られる方も多く、
デザインや素材も多様化しています。

ba_text5

小指に付けるリングのことです。

ピンキーリングとは、小指(ピンキー)に付けるリングのことです。チャンスを呼び込み、
予知能力が身に付き直感が鋭くなると言われています。
ガンツでは主に、恋愛運、異性運上昇に繋がるリングとしてとても人気があるアイテムです。
では、せっかくなので、他の指についても少しご紹介しましょう。
薬指は愛の宿る場所。心臓と直結していると言われています。
婚約リングや結婚リングをこの指にするのにも理由があるんですね。
中指にリングをはめると魅力 が増して、異性を引き付ける力を発揮するとか。
いつまでも素敵でいられるように、ちょっとボリュームのあるデザインを選んでみてはいかがでしょう。
人差し 指にはめると、自立心が芽生えてくるとか。確かに方向を示すこの指ならではの意味合いです。
親指は望みをかなえる指。成功を約束してくれる威厳のある指の ようです。
すべての指にリングをはめる訳にはいきませんが、意味を知っているだけでリング選びが楽しくなりますね。

ba_text6

相手を思ってさりげないものを選んでみては。

初めてならば、あまり相手に気を使わせないようなネックレスやペンダント、ブレスレット等のさり気ない
アイテムはいかがでしょうか?リングをプレゼントさ れたい場合も、ピンキーリング等を選んで、
あえて左手の薬指をあけておく余裕も!
また、お石や色の与える効果も絶大なので、お相手の雰囲気や好みなどを、 ぜひお聞かせください。

ba_text7

そうなんです。よく聞くカラットも大きさじゃないんですよ。

ダイヤモンドのランクについて、簡単にご説明します。

■Color/カラー
ダイヤモンドは無色透明に見えますが、かすかに色味を帯びています。
炭素でできているこの石にわずかに含まれる窒素のために黄味を含むのです。その度合でDからZまでランク分けされています。

D/E/F:無色   G/H/I/J:ほぼ無色   K/L/M:わずかに無色   N~R:非常に薄い黄色
S~Z:薄い黄色


■Clarity/クラリティー

ダイヤモンドの透明度の度合です。石内部の内包物やキズの位置、大きさ、数、色、目立ちやすさをトータルに判定します。

FL(フローレス):無傷 欠点がなく完璧な石
IF(インターナリーフローレス):微小な表面の内包物
VVS1/VVS2(ベリーベリースライトリーインパーフェクション):微小な内包物
VS1/VS2(ベリースライトリーインパーフェクション):ごくわずかな内包物
SI1/SI2/SI3(スライトリーインパーフェクション):わずかな内包物
I1/I2/I3(インパーフェクション):肉眼で発見できる内包物


■Cut/カット

ダイヤモンドの命、それは輝きです。いかにその光を引き出すかは、カットに掛かっていると言っても過言ではありません。
理想のプロポーションが予め決められおり、その比較で判定します。

5段階評価  : Excellent / Very Good / Good / Fair / Poor


■Carat/カラット

おなじみの項目ですが、カラットは大きさを表すものではなく、重さを表す単位です。
ギリシャ時代に、イナゴ豆(Carob bean)を使用して重さを量っていたことことに由来します。

1カラット=0.2グラム
Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.